司法書士試験に合格する

FXの初心者は最初の内は超短期で細かい取引がオススメです

FXの初心者の場合、何もわからずにいきなり大きな取引をしがちです。ですので、自分の想定外の値動きをした場合、もしかしたらもっと上がるのではないか、逆に下がるのではないかと色々惑わされてしまいます。ですので、最初の内は少額の超短期での取引がオススメです。

 

具体的にどれくらい短期での取引かというと、数分の間での取引です。lot数も1000通貨で1〜5くらいから始めるのがベストです。もちろん絶対と言うわけではありません。いきなり大きなお金を掛けるのも自由です。しかし、大金を掛けた場合、一度の取引で口座内の証拠金がその日の内に半減する事も十分あり得ますので、取引に慣れていない初心者の間は少額での取引の方が無難です。

 

1000通貨で1lotでの取引ですと、1回の取引で数円のプラス、またはマイナス程度になります。これでは全く儲かりませんよね。ですが、これぐらいであれば損しても痛くありません。すぐにでも大金が欲しいという事なら別なんですが、これから長期的にFXをやっていきたい、少しずつでもお金を増やしていきたいという場合には実戦での練習が大切です。ですので、数円のプラス、またはマイナスの損得でも十分やる意味はあります。

 

FXはツールの使い方を覚えるというのも重要な事柄ですので、まずは少額の取引を超短期で初めてその間にツールの使い方をマスターして下さい。
もし何かありましたらFXプラチナファンド・パーフェクトコピー PFPC見比べてみてはいかがでしょうか?