がんの治療は本当に必要なものなのだろうか

がんの治療は本当に必要なものなのだろうか

以前、母親ががんで亡くなりました。
果たして治療は本当に良かったのだろうか、いまだに疑問です。
信頼できるがん治療をお探しならこちら!
手術する前は発見のショックこそ残っていても、まだ元気だったのに、手術後はその後の通院治療をするうちにだんだん悪くなっていきました。
こちらから免疫治療について知ることが出来ます。
結局手術をしても2年もたなかったのです。
後にいろいろと調べましたが、抗がん剤はがん細胞だけでなく、健康な細胞も殺してしまうので、結局健康な細胞がもつ免疫を生かせなくなってしまうということ。免疫がなければがん細胞は増えてしまいます。
気になる方は免疫細胞←こちらをクリック!
他の方で、がんが良くなったという話も聞きましたが、その方は見つかっても最初は治療をしたものの、今は放置しているそうです。とても元気そうに見えました。
話題のがん治療 先進医療についてわかります。
必死に治そうと頑張るより、手を抜いた方が進行が緩やかなのかもしれません。
治療費も相当かかります。治そうと必死になり治療にお金をかけた挙句、早く亡くなってしまうのは勿体ないことです。いずれ亡くなる病気なら治療は無理して受けずに治療にかかるお金を人生で成し遂げたいことに使えばいいのではないのでしょうか。
知りたいがん治療 免疫細胞療法についてはこちら!
生きているうちに行きたい場所に行く、経験したいことを経験するなど、こちらの方が人生を生きていて良かったと感じるはずです。